地域密着企業だからこその"人と人の繋がり"を活かしたノーブルホームのリファラル採用

  

メイン画像

ノーブルホームロゴ
株式会社ノーブルホーム
写真: 採用企画室 課長:大竹 祐次 氏(右)
採用企画室:木村 賢一 氏(左)
従業員数: 321名(2017年10月時点)
事業概要:

注文住宅の請負・設計・施工管理や、建売住宅の施工販売、宅地の企画開発・販売等を手がけるハウスメーカー

今回は、水戸、ひたちなか、日立、つくば、土浦、神栖、筑西など茨城県全域で注文住宅をメインに行う住宅メーカーである株式会社ノーブルホーム様でのMyReferのご活用事例をご紹介させて頂きます。
地域密着型の企業であるノーブルホーム様だからこそ出来る"人と人の繋がり"を活かしたリファラル採用の取り組み状況をお伺いしました。

社員総出で行う地方活性化が結果的に採用ブランディングに

ノーブルホーム様1

まず、ノーブルホームとはどのような会社かご説明して頂いても宜しいでしょうか?

大竹氏:
ノーブルホームは1994年10月に設立した、水戸、ひたちなか、日立、つくば、土浦、神栖、筑西など茨城県全域で注文住宅をメインに行うハウスメーカーです。
既成の住宅設計にとらわれない、施主主導の注文住宅やデザイン性に優れたコンセプト住宅などで企業として成長を続けており、創業以来、茨城県内累計4500棟の家づくりを実現してきました。
おかげさまで茨城県ビルダー着工棟数ランキングにて3年連続No.1を獲得することが出来ています。

ノーブルホームは企業の成長と共に、社員が企画・運営する地域への社会貢献活動にも力を注いできました。
茨城県内の学童軟式野球の振興を図るため2005年から「ノーブルホームカップ」という野球大会を主催しています。今年で13回目を迎え、今では県内の130以上のチームが参加する大会になっています。
また、地域の青少年育成を目的として、エコをテーマに親子参加型イベントを開催する「ノーブルキッズ」も主催しています。自社購入した森林である「ノーブルフォレスト」で植樹体験を実施する等の取り組みをしています。
このような地域への社会貢献活動を通じて、社員の人間力を磨くと共に、地域の方々との絆を深めていきたいと考えております。その結果として、地域の方々にノーブルホームという会社を認知していただき、採用におけるブランディングにも繋がっていくと良いと考えております。

地域の強みを活かした、持続可能な採用エコシステムを創るためにリファラル採用を取り入れる

ノーブルホーム様2

リファラル採用という新しい手法を取り入れた理由を教えて頂けますか?

大竹氏:
弊社は現在24期目ですが、30期までに売上500億円、社員数750名を目標に掲げています。
現在の社員数が321名なので、あと7年で2.5倍の社員数に増やす必要があるという状況です。
もちろん、より多くのお客様の幸せを実現する会社になるための成長を目指しているので、採用する社員数を増やすのと同時に、社員の定着率を向上させて良いサービスが提供できる人材を増やしていかなければならないと考えています。
【社員増加&定着率UP→社内環境の向上→社員の幸せUP→サービスの向上→お客様の幸せ実現】という循環を生み出していくような採用が求められていました。

社員数を大幅に増やしつつ、お客様の幸せを実現する循環を生み出せるような採用を実現する手法を模索する中でリファラル採用に注目するようになりました。
昨年までは社員紹介制度というものは無かったものの、社員からの紹介で採用するということは毎年数名ずつありました。
地域との絆を育んでいるが故に、人と人の繋がりから紹介を得ることが出来ていたのだと思います。
また、社員からの紹介で採用した人材の定着率を調べたところ、他の採用手法よりかなり定着率が良いということが分かりました。
前述のことを踏まえると、地域を大事にする我々だからこそ、お客様の幸せを実現するような採用をリファラル採用で実現できるのではないかと考え、MyReferを導入することに決定しました。

採用して終わりではなく『入社してからも繋がりを持ち続けて欲しい』

ノーブルホーム様3

MyReferをご導入して頂き約8か月が経ちましたが、どのように活用されていますか?

木村氏:
MyReferの導入を機に、リファラル採用の開始背景や目的を説明するための各拠点・展示会場まわりを実施しました。人と人の繋がりを活かすということを率先垂範して見せるためにも、対面でしっかり説明を行い、現場の声を聴いてまわりました。
現場まわりをする際には、MyReferへの社員の登録数や紹介数の状況をデータで見ながら実施することが出来たので、適切にPDCAをまわすことが出来ました。
現在は、リファラル採用に参加してくれる社員は60%を超え、180名以上が協力して下さっており、既にリファラル採用で20名近くの社員を採用することが出来ています。
また、リファラル採用での内定率は通常選考の5倍以上の数値となっています。

MyRefer導入で社内での社員紹介制度の認知が広がり、MyRefer経由だけではなく、電話で「紹介したい人がいるから繋ぐよ」という声が多く上がってくるようにもなりました。
現在募集中ではない職種にも紹介の声掛けが来るなども起きており、社員が会社のことをまわりの知人・友人に話す機会が増えてきているのだと感じています。

また、社員紹介から内定に至った場合には、会社側で費用を負担する形で、紹介した社員と友人で食事に行ってもらっている。紹介して終わりではなく、入社してからも繋がりを持ち続けて欲しいと考えているので、本当の意味で人と人の繋がりを感じることが出来る場を設けています。

地域の人の繋がりから、自然と採用が生まれてくる状況を創りたい

今後のリファラル採用の目標を教えてください。

大竹氏:
来年度は採用の4分の1はリファラル採用にしていくことを目標に掲げています。
もっともっと社内にリファラル採用の文化を拡げていき、毎月当たり前のように紹介の声が上がってくるような状態にしていきたいと考えています。
そのためには、今後も会社のブランディング向上と地域貢献活動は継続していき、リファラル採用を活性化させていきたいと思います。

木村氏:
全社員にMyReferへの登録をしてもらうことを目標に、引き続き社員の方々との情報の共有を続けていきたいと思っています。一部の社員では無く、全社員がリクルーターとしての意識を持っていくことが大事だと考えています。
リファラル採用で社員数増加&定着率UPを実現していくことで既存社員の幸せ、最終的にはお客様の幸せに繋がっていくと考えているので、こだわって取り組んでいきたいと思います。

最後に

今回は「地域密着企業だからこその"人と人の繋がり"を活かしたノーブルホームのリファラル採用」というテーマで株式会社ノーブルホーム様のMyRefer活用事例をお伝えさせて頂きました。

現状では、MyReferをご導入頂いているのは首都圏の企業が多いのですが、今回のインタビューを通じて、地域に根付いて地域の人との繋がりが強い、地方の地域密着型の企業でもリファラル採用が上手くいく可能性は大いにあると感じることが出来ました。
地方にある地域密着型の企業の皆様もぜひリファラル採用の導入を検討してみてください。

自社採用力を強化するリファラル採用にご興味のある企業様は以下よりお問い合わせください。