すかいらーくでリファラル採用を開始!「おかえり採用」「社員紹介」を促進する理由とは?

  

株式会社すかいらーく
資本金:2,670百万円(2016年12月期)
売上高:3,545億円 (2016年12月期)
従業員数:国内グループ 正社員:6,002名、クルー:96,880名(2016年12月末)
店舗・工場数:国内グループ 3,016店、国内10工場(2017年1月末)
事業概要:フードサービス事業全般、その他周辺事業

すかいらーく_ヘッダーイメージ

■打木 洋行 氏(写真中央):人財本部 人財サービスグループ ディレクター
■吉川 正 氏(写真左):人財本部 人財サービスグループ 採用チームリーダー
■吉田 亜由美 氏(写真右):人財本部 人財サービスグループ 採用チーム中途採用担当

Q1:はじめに、リファラル採用を始めるきっかけとなったのは何でしょうか?

打木氏:
2つあります。
1つは働き方改革が整ったこと。もう1つはMyReferという良い社員紹介促進ツールがあったことです。
ここ数年、多くのクルー(パート・アルバイト)が働くお店の環境や会社の人事制度、福利厚生といった働く環境を良くしていこうという取組みを強化しておりました。
最高益を更新し新たな成長ステージへと進んだ中「辞めた社員がすかいらーくに戻りたいという声がある」という話を度々、聞くようになりました。

吉川氏:
そこで現社員が繋がりのある元社員、元クルー、知人を紹介する「社員紹介制度」や、紹介がなくともすかいらーくを退職された方を対象とした「おかえり採用」を制度化しようと考えました。
ただ、中途半端に実施しても効果は現れないので、どう制度設計、運用設計していこうか悩んでいる時に「MyRefer」を知りました。

吉田氏:
そうですね。
以前からクルー採用には友人紹介制度があり、この数年で定着が進んでいます。進学や家族の転勤による店舗異動への対応、クルーの親御さんや兄弟を紹介してくるケースも増えるなど、紹介したいという環境が整ってきていますので、そういった意味でも「社員紹介制度」や「おかえり採用」を早急に取組む必要がありました。
「MyRefer」の導入が決まり、大枠の制度設計から、インセンティブ等の詳細部分の設計まで担当の方にサポートしてもらえたことで、制度のスタートを前倒しすることが出来たのは非常によかったです。

Q2:通常の採用と比較してリファラル採用のメリット・デメリットはどのように感じますか?

吉川 正 氏
打木氏:

メリットは、定着率が高い!そして紹介された方は、新たな紹介者を生むということでしょうか。
そもそもの紹介者は、

  • すかいらーくは良い職場
  • 紹介する友人・知人と働きたい

という気持ちが大前提にある。

紹介された方が実際に働いてみて良い職場と実感した時、また新しい人を紹介する・したいという良いスパイラルが生まれます。クルーの友人紹介も社員登用での応募推薦も、店舗環境を良くすることが重要になってきます。もちろん、今回始めた社員紹介・おかえり採用も同様だと思います。

吉川氏:
クルー採用のお友達紹介に限りますが、デメリットは不採用にしにくいという点でしょうか(笑)
ただ、面接時に「うまく馴染めるかな」や「長続きしないかな」と思っていても、案外すぐに馴染めるし、長期で働いてくれています。
働き易さの取組みや、ともに働く友人・知人がいるということは大きなことだとリファラルでの採用を通じて実感していますね。

打木氏:
我々は通常の紹介採用以外に「おかえり採用」も「リファラル採用」と捉えておりますが、特に一度他社で経験し、再入社した方は会社へのエンゲージメントが高く、当然定着しています。

定着率が高くなり人が充実してくることで休みやすさやシフト変更にも柔軟に対応できるようになり、その結果クルー・社員ともに、さらにより働きやすい環境が形成されていくと考えております。

ここ数年、制度の他、店舗でのツール、機器やシステムも含め、大きく改善されたことにより、戻ってきて良かったと思えるだけの土台が増えました。もっと、すかいらーくの良さを伝えられる。そういう時期に来ております。

吉川氏:
今だからこそ、外から見て良さを感じてもらえる自信があります。
追い風に乗り、MyReferを使って外部に発信していきたいです。社員自身が良い会社だと感じてもらえることが紹介の動機形成に繋がると思います。

【すかいらーくではたらく魅力発見サイト】
http://recruit.skylark.co.jp/
単なる採用サイトではなく、魅力を広報する情報発信メディアを展開。

【おかえりすかいらーく】
http://recruit.skylark.co.jp/career/comeback/
元社員、元クルーに向けた特設サイトをオープン。再入社された方のインタビューも掲載。

Q3:ツール導入を決めた最も大きな理由はなんでしょうか。

吉田氏:
紹介活動が促進・活性化出来るイメージが持てたことです。
紹介したい人がいるものの、どうやって紹介したらいいのか分からないという声が以前から社内にありました。
紹介制度のプロセスをどう構築するかということが念頭にありました。そういう前提があり、他のサービスの話も伺った中で、MyReferが一番促進できるイメージを持てたのが決め手ですね。

最近の友人・知人の繋がりには、電話番号を知らないケースも多く、LINEを始めとするSNSでの繋がりが主流です。SNSを用いた気軽な紹介と使いやすさが、若年層も増やしたいすかいらーくにハマると確信できました。
また、アプリのリリースが決まっていたこともMyReferに決めた大きな要因でもあります。

吉川氏:
FacebookやLINEにて退職者と繋がりがある人も多いという声も拾っており、MyReferはSNSやスマホの対応に注力されているので、そのあたりも良いポイントでした。他のサービスと比較して操作が明快で分かりやすく、気軽で簡単に紹介できる点がフィットできると感じたのが大きかったですね。
今回リリースされたスマホアプリは、リクルーターとなるスタッフに対してもプッシュ通知を活用した情報発信が簡単に出来ることも魅力です。

Q4:導入前後含め、社内の反応はいかがでしょうか。

打木 洋行 氏
吉田氏:
社内での事前アナウンス・告知での反応は非常に良いです。MyRefer導入もそうですが、社員紹介制度自体とても良い反響をいただいております。

打木氏:
展開前の事前広報の際、マイナスな意見が一切なく、ポジティブな問い合わせばかりで我々も驚いています。年齢層役職かかわらず活発に動いているのがMyRefer上で見受けられ、ツールが受け入れられたと感じています。

吉田氏:
運用開始の初日に紹介が多数あり、翌日には応募にも繋がるなど、予想以上の展開の速さに、こちらとしても嬉しい限りです。
また、紹介された方が「内定」に至ったタイミングで、リクルーター全員にその旨のアナウンスができたり、定期的に情報発信メールを送ったりと、MyReferの機能をフル活用することで更に「社員紹介制度」を周知させたいと考えています。

社員から、「今までどう紹介したら良いのかわからなかったが、既にMyReferを使って知り合い3人に案内した」いうお声も頂きました。この方は制度だけではなく、MyReferが無ければ紹介されなかったと思います。

一度退職された方には潜在的に、「戻りづらい」「今更どうしたら戻れるのだろう」「恥ずかしさ」などがあり、双方積極的になりにくいもの。

今回、再入社を歓迎すると謳うこと、それを案内・広報できるMyReferがあれば、上手く促進できそうという感覚を社員に持ってもらえました。リファラル採用を本格的に取り入れて、実際に戻りたいと言っていた元社員やそういう可能性のある社員への応募喚起が可能となりました。

吉田氏:
以前、元社員の採用面接対応をしたことがありました。別の職場で働いたことで、すかいらーくの良さや魅力を再認識したようですが、前述の通り、辞めた手前、以前働いていた同僚や会社に戻りたいとは言い出せなかったとのことでした。

Q5:最後に、今後の社員紹介の目標を教えてください。

吉田 亜由美 氏
吉田氏:
まずはMyReferを使った紹介を全社員に知ってほしいですね。本当に使いやすいので!
数値的には、社員の活動率※1を50%、紹介率※2を40%に目標設定し、運用します。
MyRefer上で紹介に関するデータがほぼリアルタイムにトラッキングできるため、都度広報の中身を考え、的確な配信が可能になっています。

打木氏:
クルー採用、正社員採用共に、紹介制度を採用のスタンダードにしたいと考えております。
年間40,000人のクルーが何らかの理由で辞めております。進学や卒業で辞めた人や家庭の事情、ライフイベントでやむを得ずという方も多く、数年前に辞めた方が、今働ける状況に変化しているかもしれない。
勿論、グループで10万人にもなる社員・クルーの周辺にいる友人・知人も大きな採用ターゲットとなります。その方々に対し、MyReferを活用したアプローチが出来ると考えています。

吉川氏:
すかいらーくの社員紹介制度の名称を「MyRefer」としています。今後も「MyRefer」を加速させていきます!

※1:MyReferにログインしている率
※2:自社の求人を紹介している率